ウェイボーを活用した中国の広告宣伝最新技法

 中国版Twitterとして知られる「新浪微博(シンランウェイボー)」は、中華人民共和国・新浪公司の運営するミニブログサイトである。中華圏で最も影響力のあるソーシャル・メディアの一つでもある。ほとんど外国人向けではあるが、日本版ウェイボーも存在する。


 中国ではウェイボーでの広告展開も非常に盛んであり、その中でも最近よく見られるのが、抽選イベントである。

 中国では、自分もしくは自社の知名度向上のために、ウェイボーが良く利用される。抽選イベントは、自分で立ち上げたブランド、ある分野での専門アカウント(化粧品・食べ物・飲食店などのおすすめ、科学的な疑問の解答、面白いネタのまとめなど)、あるいは個人の知名度をあげるためにウェイボー内でよく開催される。最近では、実物の賞品だけではなく、「技能教育」という形の賞品が提供される例がよく見られるようになってきた。

 具体的には、あるウェイボーをリポスト(リツイートに相当)すれば、リポストした人の中からランダムに当選者を選んで、ある技術を教えてあげるというものだ。例えば「話し声を綺麗にするテクニック」「絵の書き方」「書道」「料理の仕方」などである。しかも、完全に習得するまで教えることを保証するオファーもある。中には、「景略集智」というアカウントが始めた「人工知能に関する知識をマスターさせること」を賞品にするような斬新な抽選もある。当アカウントを運営している「景略集智(北京)科技有限公司」は、人工知能関連技術に関する教育製品を開発している会社である。


 スマホが普及した中国では、ソーシャル・メディアでの広告宣伝が主流となってきており、競うように次から次へと工夫を凝らした新たな広告手法が開発され続けているのである。


サクラス株式会社は、IT×エンタメ領域の戦略支援を得意としています。

こちらからお気軽にお問い合わせください。

SAKURAS(サクラス株式会社)

デジタルメディア戦略のコンサルティングサービスを提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000